HOME

HOME

リンク集
お問い合わせ
京都山栄ホームページ

LINE@公式アカウント

− PBを使用されているお店様のご感想 −
店舗名(仮称) 営業年数 店舗数 1日平均売り杯数
(1店舗当たり)
都道府県
A店 3年 1店 80杯 神奈川

高価な圧力釜を買わなければよかった。
B店 5年 2店 70杯 長野

多店舗化を視野に入れられるようになった。
C店 1年 1店 50杯 京都

1日平均50杯程の食数でオリジナルPBスープをお願いできるとは思っていなかった。もっと早く手間なスープ作りを外注していたら良かった。
D店 16年 1店 130杯 北海道

骨の質によってスープの出来具合がバラバラだった。
E店 8年 3店 70杯 大阪

外注スープは自店の炊き出しスープと比べて80%くらいのクオリテイかなっと思っていたが、クオリティの高さにびっくりした! 正直、今まで何をやっていたんだろう?って感じです。
店舗名(仮称) 営業年数 店舗数 1日平均売り杯数
(1店舗当たり)
都道府県
F店 11年 1店 120杯 兵庫

仕込み時間がなくなったことで、心と身体に余裕が出来ました。常連のお客様とも会話がはずむようになりました。
G店 4年 1店 100杯 福井

光熱費が半分になった。
H店 8年 7店 120杯 東京

以前は各店11時開店で従業員には7時に出勤してもらっていたが、現在では10時出勤でも開店に間に合うようになった。相当人件費が削減できました。
I店 3年 3店 80杯 大阪

従業員を募集しなくても良いようになった。
J店 5年 1店 60杯 長崎

原価管理がしやすくなった。
店舗名(仮称) 営業年数 店舗数 1日平均売り杯数
(1店舗当たり)
都道府県
K店 2年 1店 100杯 奈良

思い浮かぶあの繁盛店も実は外注スープ???って目で見るようになりました。
L店 10年 2店 150杯 岡山

外注PBスープに変更したことで当初はお客様が逃げてしまわないか心配していたが、まったく問題がなかった。
M店 7年 6店 180杯 愛知

原価的には自社でスープ作りをした方が安くつくので外注は迷ったが、使用後は人件費・光熱費・その他管理費・オペレーション等の負担減を考えると、総合的に外注に軍配が上がると思う。
N店 1年 1店 70杯 東京

こだわりの自店スープを外注で再現できたことにビックリした。
店舗名(仮称) 営業年数 店舗数 1日平均売り杯数
(1店舗当たり)
都道府県
取扱商品を確認

 

© 2017 京都山栄フーズ All Rights Reserved.